八木ぼんの寝言
 今日本戦の一回戦が行われ、ケンシロウの試合を観てきました。昨日の亀タローとの練習を見る限りでは、彼は特にストロークの速度があるわけではないので、どうやって崩していくのかな・・と興味を持ってみていました。
 そうしたら、サービスゲーム、特にファーストサーブのコースと確立にとても神経を使っているように思いました。とにかくそこから主導権を常に自分が握れるように展開を持っていっていました。

 それととても感心したのが、ケンシロウに不利がジャッジが何度もあったにもかかわらず、そこで崩れることなく最後までpositive heart(平常心)で戦い抜いた事でした。特に自分のサービスゲームに関しては、審判に対して文句こそは言いますが、言った後ですぐに通常の気持ちでプレイすることに徹していたことでした。そこで崩れてサービスゲームをブレイクされてしまうことが、最終的に負けにつながってきてしまうということをよーーーくわかっているのだな・・と一人で納得した試合でした。
[PR]
by artkoutarou | 2008-11-05 16:31
<< 帰国 八木ぼんの寝言 >>



アートスポーツ契約プロテニスプレーヤー磯辺孝太郎の日記です。
by artkoutarou
リンク


フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧